伊東/伊豆高原の観光&イベント/「ミニコンサート」開催

「伊東&伊豆高原」通信


<伊東~伊豆高原>特集 ~観光と自然散策~

< 伊豆高原ステンドグラス美術館 >

チェロ、クラリネット、ヴァイオリン、オーボエ、トランペットなど、
1月の毎週末に様々な楽器による「ミニコンサート」!

 多彩なアンティークステンドグラスの柔らかな光があふれる<伊豆高原ステンドグラス美術館>(=https://sgm-izu.com)では、ピアノやチェロ、クラリネット、ヴァイオリンなど、様々な楽器を使ったミニコンサートを1月の毎週末に予定しています。
 演奏会場は伊豆高原ステンドグラス美術館のセント・ミッシェル礼拝堂で、当日の美術館の入館料のみでお楽しみいただけるというもの。
 演奏開始時間は11:30〜/12:30〜/13:30〜/14:30〜 の1日4回の公演予定となっています。

<1月の日程と演奏楽器予定は次のとおり>
9日(土)= チェロ&ピアノ
10日(日)= クラリネット&ピアノ
16日(土)= マリンバ&ピアノ
17日(日)= ヴァイオリン&ピアノ
23日(土)= オーボエ&ピアノ
24日(日)= コントラバス&ピアノ
30日(土)= トランペット&ピアノ
31日(日)= チェロ&ピアノ 


「アンティークパイプオルガン生演奏」や
「アンティークオルゴール演奏」も毎日開催中!

 併せて同美術館では「アンティークパイプオルガン生演奏」や「アンティークオルゴール演奏」も毎日開催されています。
 パイプオルガン生演奏は毎日1時間ごとに、館内のセント・ミッシェル教会にて1日6回演奏。このオルガンの製作年は1922年(英国製)で、特徴は当時流行した、パイプが長短美しく並べられるスタイルで作られ、繊細で暖かく美しい音色が大きく出るところにあります。
 オルゴール演奏もやはり1日6回演奏。会場は館内のセント・マリーズ礼拝堂にて。約100年前のドイツ製のアンティークオルゴールで、パイプオルガンとはまた違ったオルゴール独自の澄んだ音色が楽しめます。



特集一覧(すべてを見る)
TOPページへ